八月朔日

0
    今日から八月ですね。

    日中とは違い早朝の涼しい間に
    お詣りされる方も増えて参りました。

    また、本日午前八時からは、月次祭を斎行
    申し上げ、地元氏子様は元より、全国の
    崇敬者様にいたるまで、安寧と弥栄をご祈念致しました。



    さて、八月一日は八月朔日とも書きますが
    ほずみ、ほづみ、やぶみ、はっさく、
    とも読まれ、日本人の姓では穂積氏、
    源氏などに見られるようです。
    古代の稲刈りは、稲の穂の部分だけを収穫し、それを乾燥させ積み上げしたものを
    「穂積」といいます。
    やはり、旧暦八月一日(現在の九月上旬)に実った稲の穂を摘み、神様にお供えし、
    無事、秋には豊作であるようにと祈願する
    神事に由来するようです。




    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM